MENU

カニと美容のヒ・ミ・ツの関係!

いやーすっかり美味しい物が目につく季節となりました。

 

私をふくめ「カニ」と聞いて顔がほころぶ人はいっぱいいるでしょうが、そもそも「カニ」が体と美容に優れた食べ物であることを知っている人は、そうはいないでしょう。

 

そこで美味しい「カニ」と「美容」のヒミツについて、ちょっとお話ししてみます。

 

「カニ」の食べ方にもいろいろあります。焼きガニにお鍋か茹で上がったものをぱくり、お刺身で食べるもおおいですね。

 

 

イメージからしてもカロリーが高そうにはちょっと思えない、その通り!カロリー低めで高たんぱくなダイエット食品なのです。

 

ビタミンB1にB2などのビタミン群に加え、銅や亜鉛などのミネラルをたっぷり含み脂質や糖分を含まない、貴重な日本の食材だったのです。

 

そしてカニを茹でると赤くなるのは、抗酸化作用の働きをもつ「アスタキサンチン」というカロチン色素によるもので、老化を抑える働きがあります。アンチエイジングでも知られている「赤」の化粧品としても商品化されてきました。

 

 

さらに疲労回復作用や生活習慣病の予防効果などがある、アミノ酸のタウリンが豊富に含まれています。

 

いつまでも美しくありたい人にとっては、願ってもない自然の食材といえます。

 

 

ですからみなさんぜひカニを食べましょー♪